メンバー

教員 大学院生 学域生


教員

東條

東條元昭
Motoaki TOJO, Ph.D.
教授
Professor

e-mail: tojoあっとplant.osakafu-u.ac.jp

 

土壌伝染性の植物病原菌とくにピシウム菌について研究しています。宿主として栽培植物と自然植生の両方を対象に、現地調査をしたり顕微鏡観察や遺伝子配列よる診断をしています。これまでに国内外での新たな植物病原微生物の種分布や生態を調べてきました。ピシウム菌の有効利用,例えば生物防除剤や産業材料としての活用についても研究しています。
学生さんたちといっしょにフィールド調査に行き,実体験を深めてもらっています.ピシウム菌などの水媒介性の病原の被害は最近増加傾向にあり,実際に困っている生産者も多いようです。国内外の農業生産者の方々といっしょに新たな対策を考えています。

研究紹介&自己紹介→http://m-tojo.jimdo.com/

<略歴>
1988年 岩手大学農学部 卒業
1990年 大阪府立大学農学研究科 修士課程 修了
1993年 大阪府立大学農学研究科 博士課程 修了 博士(農学)
1993年~ 大阪府立大学農学部 助手
1997年~ 大阪府立大学農学部 講師
2005年~ 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 准教授
2017年~ 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 教授

IMG_0928

望月知史
Tomofumi MOCHIZUKI, Ph.D.
講師
Lecturer

e-mail: tomochiあっとplant.osakafu-u.ac.jp
ORCID(0000-0002-9129-4555)

植物ウイルスが引き起こす農作物の病気は減収や経済価値の低下を招くため、農作物のウイルス病を「制御」することが私たちの研究の目標です。そのために、病原ウイルスが感染した植物はどのように病気になるのかを明らかにする基礎研究や、ウイルスゲノムを人為的にデザインしてウイルス病原性をコントロールしたり効率的なウイルスベクターを作り出して農作物や園芸作物の改良に役立てる技術について研究しています。また、卵菌に感染する卵菌ウイルスの探索と同定、卵菌病防除への利用に関する研究や植物ウイルスの植物組織内分布を明らかにする研究も行っています。よく勘違いされるのですが、生まれも育ちも大阪です(松原市)。

詳しくは望月の個人ページへ(リンク)
植物ウイルスに興味があるかたはこちらの講義資料をご覧ください(リンク)

<略歴>
1999年 琉球大学農学部 卒業
2001年 大阪府立大学農学生命科学研究科 博士前期課程 修了
2005年 大阪府立大学農学生命科学研究科 博士後期課程 修了 博士(農学)
2005年〜(独)農業・食品系産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 昆虫等媒介病害研究チーム  博士研究員
2008年〜 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 助教
(2014-15年 米国ペンシルベニア州立大学農学部 客員研究員)
2016年〜 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 講師

 

大学院生

博士後期課程

D3 尤 暁東 ミミズコンポスト化したタケパウダーの野菜苗立枯病菌に対する抑制効果の評価
D1 村井 裕知 キクで効率的に働く植物ウイルスベクターの作出

博士前期課程

M2 集 健太 ウイルス感染による退緑発症メカニズム
M2 大倉 鉄平
M2 大原 梨恵 キク退緑斑紋ウイロイドの局在に光条件が及ぼす影響と種子伝染メカニズム
M2 芝 和樹 極地に生息する Pythium polare と卵菌ウイルスの共進化
M2 中川 拓哉
M2 山本 純司
M1 上村 和也 アブラナ科農作物で効率的に働く植物ウイルスベクターの作出
M1 河村 祐希 日本産 Pythium myriotylum ココヤム系統群の同定と植物病原性解析
M1 橋本 崇志 ウイルス感染による退緑発症メカニズム
M1 福西 美貴 温帯産植物病原性Pythium 属菌から発見された卵菌ウイルスの同定
M1 藤井 菜摘 コケ類から分離される糸状菌の同定と生態解析
M1 好川 満裕 大阪湾の養殖ノリから分離される Pythium 属菌の同定と植物病原性解析


学域生

 

B4 池本 裕太
B4 小枝 亮彦
B4 篠崎 智子
B4 三瀬 僚太
B3 井口 宏紀
B3 川澄 留佳
B3 日下 桐一
B3 田中 楓佳