植物の限りない可能性を探求し、持続可能な社会を創ります

topics

教員(Group & Faculty)

植物分子育種学 機能ゲノム科学 応用分子生物学 細胞代謝機能学

植物栽培生理学 植物生体防御学 植物育種繁殖学 資源植物機能学 フードシステム学

教育研究フィールド(連携)


植物分子育種学グループグループHPへ

3名の教員が協力し、転写因子、エピジェネティクスやマイクロRNAを介した遺伝子発現制御の解明につながる基礎研究を行います。ゲノム編集に代表される遺伝子改変技術の開発、実用化を想定した遺伝子組換え植物の作出を行います。 教授  
小泉 望
准教授 
三柴啓一郎
准教授 
岩田雄二

 


機能ゲノム科学グループグループHPへ

細胞と細胞の複合系をゲノミクスで斬る!当グループでは実験とバイオインフォマティクスを駆使し、寄生共生の細胞間コミュニケーションや、ゲノムを通して見ることで生物をシステムとして理解するとともに、新規複合系の機能創成を目指します 教授  
青木 考
准教授 
尾形善之

 


応用分子生物学グループグループHPへ

多細胞生物の細胞は、複雑な細胞間相互作用によってその振る舞いが制御されています。様々な環境下で細胞がどのように振る舞うのかを理解するため、生きた細胞の生命活動の可視化や、機械的刺激への細胞応答の解析などを行っています。 教授  
杉本憲治
准教授 
稲田のりこ

助教  
深田 尚

 


細胞代謝機能学グループグループHPへ

細胞代謝機能学では,微生物から植物・動物まで,すべての生物が研究対象です.生体成分の網羅的解析(メタボロミクス)を基盤として,未知の遺伝子機能や新規酵素反応の発見から食品安全性に至るまで,幅広い研究を行っています. 教授  
太田大策
准教授 
岡澤敦司
講師  
小川拓水

 


植物栽培生理学グループグループHPへ

植物が土壌からミネラル(無機栄養素)を獲得する巧妙な仕組みを分子(トランスポーター)・細胞・個体・フィールドのレベルで解き明かします。研究成果はミネラル利用効率の高い作物の作出や栽培法へ役立てます。 教授  
髙野順平
講師  
松村 篤

 


植物生体防御学グループグループHPへ

植物の病気は、微生物の巧妙な感染戦略と植物の周到な防御戦略の上に成り立っています。植物病理学はこのしくみを解き明かし、防除に役立てようとする学問分野です。本グループでは、とくに防除が困難な土壌病原菌とウイルスに取り組んでいます。 教授  
東條元昭
講師  
望月知史

 


植物育種繁殖学グループグループHPへ

人口・食糧・環境問題の解決に向けた植物の新しい品種を創出するための研究をフィールドから分子レベルまで扱い、幅広く行っています。また、野菜の品種特性の解明と組織培養による有用植物の繁殖技術の開発をしています。 教授  
横井修司
講師  
古川 一
講師  
手塚孝弘

 


資源植物機能学グループグループHPへ

野菜や果樹など園芸作物の新たな有用性を見いだし,より広く活用するために,植物工場などの先端的な生産技術の開発や野生資源の栽培や利用方法の開発を行っています。 准教授 
塩崎修志
講師  
和田光生

 


フードシステム学グループグループHPへ

 生産から食卓までの食の流れとその間の安全管理を学べる「食生産科学副専攻」を担当しています。食の安定供給に貢献できるように、植物の生育を栽培レベル(簗瀬)~分子レベル(山口)で研究しています。 准教授 
山口 夕
助教  
簗瀬雅則

 


教育研究フィールド(連携)グループHPへ

青果物の収穫後の代謝特性と代謝調節のメカニズムを解析し、青果物の高品質保持の確立を研究しています(今堀)。農薬や肥料の多投入に依存しない持続的な水稲の安定多収生産技術について探求しています(大江)。 教授  
今堀義洋
准教授 
大江真道