News

category

小胞体ストレス応答で働くセンサータンパク質「IRE1」の新たな仕組みを発見 2019.10.24

植物分子育種学グループの三柴啓一郎准教授、小泉望教授らの研究グループが、「小胞体ストレス応答」を誘導するセンサータンパク質「IRE1」が植物の発達過程で働く新しい仕組みを発見しました。

詳しくは全学HPプレスリリースをご覧ください(リンク)

小胞体ストレス応答の異常は、糖尿病や神経変性疾患、脂質異常症などの疾患と関係することから、IRE1の働きはとても注目されています。これまでIRE1は異常タンパク質のセンサーであることで注目されてきましたが、今回の研究では異常タンパク質を必要としないIRE1の働きが、植物の発達に貢献していることを示しました。このようなIRE1の働きをさらに研究することで、IRE1が生物の発達で働く仕組みの解明につながると考えられます。

論文:
Mishiba K-I, Iwata Y, Mochizuki T, Matsumura A, Nishioka N, Hirata R, Koizumi N. (2019) Unfolded protein-independent IRE1 activation contributes to multifaceted developmental processes in Arabidopsis. Life Science Alliance. DOI: 10.26508/lsa.201900459