植物の限りない可能性を探求し、持続可能な社会を創ります

一覧を見る

最近のNews

一覧を見る

小川講師らの論文2報が日本化学会ケモインフォマティクス部会 JCAC 論文賞を受賞

Journal of Computer Aided Chemistry Vol.18 (2017) に掲載された以下の論文が JCAC 論文賞を受賞しました。

インシリコ MS/MS ライブラリを利用した脂質同定ツールのリピドミクスへの貢献(小川,岡澤,太田)

Bayas ANOVA を用いた Euglena gracilis の代謝経路の網羅的発現変動解析(小野,横山,黄,Amin,中本,太田)

http://cicsj.chemistry.or.jp

2018年度キックオフミーティングを開催しました 2018.12.20-21

2018年度の3回生のキックオフミーティングを開催しました。
卒業研究テーマの背景や目的、方法について1人6分間の発表と4分間の質疑応答を行いました。長時間のイベントでしたが、自身の研究テーマを勉強するとともに様々な研究テーマについて知ることができる良い機会になったと思います。
2日目のミーティング終了後の懇親会も盛会に終了することができました。

天王寺高校と交流しました 2018.12.18

本年度も天王寺高校と交流しました。
今回は府立大学から教員と学生の総勢20名以上で天王寺高校へ出向き、生物関連の高校生の研究発表を聞いて質疑応答を行ったり、大学の研究や生活について話したりと、有意義な交流が持てました。

学生実験室(C7-2)への HPLC の新規導入 2018.11.27

学生実験室(C7-2)に高速液体クロマトグラフ(High performance liquid chromatograph, HPLC)が新規導入されました。HPLC は,食品やコスメティックス,医薬品の成分分析には欠かせない機器です。学生実験では,植物色素のアントシアニン分析を行い,HPLC の原理や使い方を学びます。

博士後期課程1年清水皇稀君が学振特別研究員に採択 2018.10.16

生命環境科学研究科博士後期課程1年の清水皇稀君が平成31年度日本学術振興会特別研究員(DC2)に採択されました。