活動報告

category

「ゲノム編集」 -君ならどうしタイ?- 2018年9月18日@一条高校

活動名:「ゲノム編集」 -君ならどうしタイ?-

日時:平成30年9月18日 14:00~16:00

活動場所: 奈良市立一条高等学校 講堂

活動概要:
奈良市立一条高等学校の生徒約1080名(27クラス)が一堂に会し、ゲノム編集により肉厚になったマダイを題材にゲノム編集について考えました。冒頭、小泉望教授(大阪府立大学)が今回のイベントの趣旨が1)ゲノム編集の理解と2)1,000人を超える大規模なサイエンスコミュニケーションであることを述べました。続いて本田隆行さん(サイエンスコミュニケーター)が1年生は消費者、2年生は販売者、3年生は生産者の立場になって考えて欲しいと生徒に伝えました。本田さんが木下政人助教(京都大学)を紹介し、木下さんの講演が始まりました。木下さんは実際にゲノム編集により肉厚なマダイを開発している研究者です。木下さんはDNAやゲノムについて解説し、ゲノムの変化が進化や育種につながることを説明しました。講演の途中、生徒が難しいかもしれない箇所は本田さんが木下さんに質問し、理解を助けました。生徒は赤、青、黄の画用紙を揚げることで意思表示をしました。この方式により生徒は自分がイベントに参加していることを実感できます。講演の後は各クラスでゲノム編集マダイの是非をそれぞれの役割からの目線で考えました。その後、まとまった意見を持って各クラスの代表27名が壇上に上がりました。本田さんが壇上の生徒、会場の生徒に木下さんも巻き込んで議論をおこないました。大きくなることでタイの値段が安くなるからという理由で肯定的な意見が多くみられました。本当に安くなるかどうかはわかりませんが(?)、事前と事後のアンケートからゲノム編集に関する理解が大きく深まったことが分かりました。また、色画用紙を使うことが大規模な双方向コミュニケーションに効果的であることもわかりました。生徒が楽しそうにイベントに参加していたことが印象的でした。