Topics

一覧を見る

教育研究フィールド日々の出来事

一覧を見る

後期学生実習12月9日

今回の実習では「ダンシャク」「アンデスレッド」「グランドペチカ」など5品種のジャガイモの観察と収穫を行いました。
塊茎の様子や品種間差などを観察し、株当たりの収量を調査、また収穫方法としてディガー(掘上げ機)を装着したトラクターでの機械収穫を行いました。

販売物のご案内

比較栽培圃場のミニハクサイの調査を始めました。
写真右はヘアリーベッチを播種した「緑地混作区」で収穫し、写真左は「慣行栽培区」で収穫したものです。
「慣行栽培区」のハクサイの結球部は葉数が多く固く締まっています。

さて来週の販売所の農産物のラインナップは...
新米「にこまる」「姫ごのみ」もち米「喜寿糯」、「五色米」(昨年度収穫したもの)、ミカン、レモン、ユズ、ハクサイ、カブ、アイスプラントなどを予定しています。

秋作ジャガイモの試し堀り

次週の実習で使用するジャガイモの試し堀りを行いました。まだ種イモの姿を残すもの、芽かきをせずに栽培したものなど様々な状態を当日は観察してもらえればと思います。

後期フィールド実習12月2日

今回の実習では、「耐病性の検定」を目的とした野菜ポット苗と簡易土壌診断のためのキュウリの発芽種子を育成する方法を学びました。
耐病性検定に用いるハクサイのセル成型苗をポットへ移植し、ハウス内で育成します。

キュウリの発芽種子を、ハクサイ苗を育成する用土とフィールドの水田用地並びにキュウリの露地栽培後の圃場から採取した土壌を用いてシャーレ内で育成します。
今後、生育経過を観察しながら病害虫やアレロパシー物質がどの程度蓄積しているかを検証します。
また、後日の実習で病原菌の単離も行います。

販売物のご案内

比較栽培圃場のカブの調査を始めています。
写真右はヘアリーベッチを播種した「緑肥混作区」で収穫し、写真左は「慣行栽培区」で収穫したものです。収量に4倍ほど差がありました。

さて来週の販売所の農産物のラインナップは...
新米「にこまる」「姫ごのみ」もち米「喜寿糯」、「五色米」(昨年度収穫したもの)、ミカン、レモン、ユズ、カブなどを予定しています。