Topics

一覧を見る

教育研究フィールド日々の出来事

一覧を見る

販売物のご案内

サツマイモの収穫を行いました。
品種は「ベニハルカ」「パープルスィートロード」「ハロウィンスィート」です。
これらのサツマイモは6月に中学生がフィールドでの職業体験で苗の植え付けをしたものです。

さて来週の販売所の農産物のラインナップは...
米「にこまる」、カキ「刀根早生」、グリーンレモン、スダチ、ピーマン、シシトウなどを予定しています。
なお10月14日(月)の販売は祝日の為、休ませていただきます。

ウコンの花

写真は9月中旬から順次開花しているウコンの花です。
昨年10月末に露地から鉢へ堀上げ、加温ハウス内で管理していました。

白く美しい部分は葉が変化したもの。
花びらに当たるのは黄色い部分。

ウコンはショウガ科ウコン属の多年草で、草丈は140㎝前後ほど。
いわゆる「秋ウコン」とも呼ばれますが、
「春ウコン」や「紫ウコン」など近種や類似種も多く存在します。
晩秋~初冬に地上部が枯れたら、根茎を収穫します。

柿の収穫が始まりました

果樹園では今週から柿の収穫が始まりました。

品種は刀根早生(とねわせ)です。

樹になった状態の実一つ一つに固形アルコール入りの袋をかけて脱渋を行う樹上脱渋という方法で渋抜きしています。
収穫直後に販売できるためシャキシャキした食感と日持ちがいいことが特徴です。

右の画像のようにゴマ斑が入り、断面が黒く見えるのも特徴です。
(右が樹上脱渋処理したもの、左は無処理のもの)

後期フィールド実習

植物バイオサイエンスフィールド実習Bが始まりました。
本日は植物の交配技術を学びます。
4月の授業で学生自ら播種をし、栽培を続けてきたトウガラシを使い、系統間の交配を行います。
開花直前の蕾を開き、その葯(花粉の入る部位)を取り除き、別の系統の花の花粉を柱頭につけ、セロテープで閉じます。
柱頭を折ったり、蕾を落としたりと失敗しながらですが、ピンセットを使った細かい作業に皆さん熱心に取り組んでいました。

販売物のご案内

10月に入りましたが、今週は30度を超す暑さが続きました。

稲穂が垂れ下がり、もち米「喜寿糯」の収穫が始まりました。
水曜日には近隣の小学生達が、稲刈りの見学に来られました。
収穫した「喜寿糯」は11月3日の「白鷺祭」から販売します。

さて来週の販売所の農産物のラインナップは...
米「にこまる」、カキ「刀根早生」、スダチ、オクラ、シシトウなどを予定しています。