2018年

archive

忘年会 in 梅田 | 2018.12.29

毎年恒例の研究室の忘年会を行いました。

教員と現役生だけでなく,今年も多数の卒業生やスタッフの皆様にご参加いただき,

とても楽しい時間を過ごすことができました !  ご足労いただきありがとうございました。

第91回日本生化学会大会 in 京都 | 2018.09.24-26

当研究室のIslam Zohirulさん, 古田 航祐さん, 秋山 佳範さん, 姥谷 美樹さん, 坂口 真哉さん, 田村 真夏さん,
馬瀬 ひかるさん, 室屋 陽香さんが
第91回日本生化学会大会において, それぞれ下記の演題で口頭発表, およびポスター発表を行いました。

  • 『Gpr137b is an orphan G-protein-coupled receptor that regulates macrophage polarization.』
  • 『リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素を用いた新規paclitaxel製剤の開発』
  • 『生体内輸送タンパク質を用いた新規血液脳関門透過性DDSの開発』
  • 『ネコアレルゲンFel d 4の精製とIgE結合親和性の評価』
  • 『ワモンゴキブリアレルゲンとの相同性を有するチャタテムシ由来アレルゲンの同定』
  • Trypanosoma brucei由来GMP reductaseにおけるBateman domainの機能解析』
  • Trypanosoma brucei由来GMP reductase触媒残基変異体と基質あるいは生成物との複合体のX線結晶構造解析』
  • 『X線結晶構造解析によるリポカリン型プロスタグランジンD合成酵素とbiliverdinとの相互作用解析』

また本発表により,馬瀬 ひかるさんが日本生化学会大会 若手優秀発表賞を受賞しました。

   

  

   

第18回日本蛋白質科学会年会 | 2018.06.26-28

当研究室の石橋 宰 先生,姥谷 美樹さん,田村 真夏さん,馬瀬 ひかるさん,室屋 陽香さんが
第18回日本蛋白質科学会年会において,下記の演題でフラッシュトーク・ポスター発表を行いました。

  • 『イヌアレルゲンCan f 6のX線結晶構造解析と交差反応性を利用したB細胞エピトープの同定』
  • 『ネコアレルゲンFel d 4の精製およびアレルゲン活性の評価』
  • Trypanosoma brucei由来GMP reductaseにおけるcystathionine β synthase domain欠損体の酵素反応速度論的解析』
  • Trypanosoma brucei由来GMP reductaseとGMPあるいはIMPとの複合体のX線結晶構造解析』
  • 『リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素とbiliverdinとの複合体のX線結晶構造解析』

   

   

第34回DDS学会学術集会 in 長崎 | 2018.06.21-22

当研究室の乾 隆 先生,古田 航祐さん,山田 美保路さんが
第34回DDS学会学術集会において,それぞれ下記の演題で講演,およびポスター発表を行いました。

  • 『生体内輸送タンパク質のDDSへの応用』
  • 『リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素を用いたpaclitaxelに対する新規DDS製剤の開発』
  • 『還元環境に応答して薬剤放出を可能にするタンパク質カプセルの作製』

 

送別会 in 梅田 | 2018.03.22

毎年恒例の修了生・卒業生の送別会を行いました。

修了生・卒業生のみなさん,おめでとうございます!

みなさんのこれからのご活躍をお祈りしています!