研究グループ

生体分子化学領域 / Biomolecular Chemistry

researchGroupImg
生体分子化学領域では、生物機能、生命現象そのものに焦点をあて、それらを細胞や分子のレベルで解明するとともに、それを基盤とした応用分野に関する教育・研究を行います。

生理活性物質化学グループ

応用生命機能学領域では、生命環境を巨視的に眺め、それを形成する生物それぞれの生命環境における機能・役割、生物間相互作用、生物共生系、さらには生物資源の循環を主な教育・研究対象とします。

生体高分子機能学グループ

抗がん剤等の薬剤を目的細胞へ確実に届ける技術(ドラッグデリバリーシステム)の開発を行っています。また、感染症に対する新薬開発、アレルギーの改善やRNAを指標とした病態診断を目指した研究も行っています。

食品素材化学グループ

食品素材の持つ様々な化学的特性を理解し、それらを食品やその製造・加工に効果的に適用できるよう、工学的な視点を意識しながら、各種プロセスの開発や改善へ展開される基礎研究を行っています。また、これらの活動を通して、次代の食品開発を支えることのできる教育の推進を目指しています。

生命分子合成学グループ

生命科学に関わりのある様々な有機化合物、すなわち生理活性天然物や医農薬候補化合物、食品機能性成分、化粧品有効成分、香料、生命機能解明のためのケミカルプロー ブなどの合成と評価を行っている。また環境調和を配慮した複素環化合物の新しい合成法の開発やケミカルライブラリーの構築、創薬展開も行っている。

応用生命機能学領域 / Applied Biological Sciences

researchGroupImg
応用生命機能学領域では、生命環境を巨視的に眺め、それを形成する生物それぞれの生命環境における機能・役割、生物間相互作用、生物共生系、さらには生物資源の循環を主な教育・研究対象とします。

発酵制御化学グループ

本研究グループでは、微生物機能を酵素や遺伝子などの分子レベルで解析し、機能の発現や調節のメカニズムを明らかにして、生命の仕組みを理解するとともに、バイオテクノロジーとして微生物機能の有効な利活用を図る教育・研究を行っています。

生物資源循環工学グループ

「バイオマス利用による資源循環型社会の構築」を目標に掲げ、微生物や微細藻類の生物機能を利用した、未利用資源からの食品・化粧品素材およびバイオ燃料など有用物質生産に関する研究を行っています。

食品代謝栄養学グループ

ヒトの健康維持と増進に貢献することを目的に、生化学・分子生物学・細胞生物学手法を駆使して、栄養素や非栄養素(例えばポリフェノール)の生理的役割や生活習慣病の発症機構を分子レベルで解明しています。

微生物機能開発学グループ

無限ともいえる微生物の能力のほんの一部でも利用することで人の暮らしに役立てることにチャレンジしています。そのためには分子生物学的手法を駆使することはもちろんですが,微生物屋のよりどころであるスクリーニングを忘れません。

生物物理化学グループ

生体高分子を直接観測しながら、分子レベルでその潜在的な能力を明らかにすると共に、それらを作り変え、空間やエネルギーを自在に制御できる生物素子を生み出す研究を行っています。

統合生命科学領域 / Integrated Bioscience

researchGroupImg
資源植物の生育や栄養生理、品質、病害抵抗性などにかかわる機能を遺伝子・タンパク質レベルで解析するとともに、それらを分子遺伝学的な方法を使って改良・改変するための原理と技術に関わる領域を担当します。

植物分子育種学グループ

3名の教員が協力し、転写因子、エピジェネティクスやマイクロRNAを介した遺伝子発現制御の解明につながる基礎研究を行います。ゲノム編集に代表される遺伝子改変技術の開発、実用化を想定した遺伝子組換え植物の作出を行います。

機能ゲノム科学グループ

細胞と細胞の複合系をゲノミクスで斬る!当グループでは実験とバイオインフォマティクスを駆使し、寄生共生の細胞間コミュニケーションや、ゲノムを通して見ることで生物をシステムとして理解するとともに、新規複合系の機能創成を目指します。

応用分子生物学グループ

多細胞生物の細胞は、複雑な細胞間相互作用によってその振る舞いが制御されています。様々な環境下で細胞がどのように振る舞うのかを理解するため、生きた細胞の生命活動の可視化や、機械的刺激への細胞応答の解析などを行っています。

細胞代謝機能学グループ

細胞代謝機能学では,微生物から植物・動物まで,すべての生物が研究対象です.生体成分の網羅的解析(メタボロミクス)を基盤として,未知の遺伝子機能や新規酵素反応の発見から食品安全性に至るまで,幅広い研究を行っています.

植物生産科学領域 / Plant Production Science

researchGroupImg
遺伝資源植物の探索と収集、新しい機能をもった植物の開発、開発した植物の実用性の評価と増殖、持続的利用のための栽培技術、遺伝子組換え体の生態系管理などに関わる領域を担当します。

植物栽培生理学グループ

植物が土壌からミネラル(無機栄養素)を巧みに獲得するメカニズムについて、分子(トランスポーター)・細胞・個体・フィールドのレベルで研究しています。研究成果はミネラル利用効率の高い作物の作出や栽培法へ役立てます。

植物生体防御学グループ

植物の病気は、微生物の巧妙な感染戦略と植物の周到な防御戦略の上に成り立っています。植物病理学はこのしくみを解き明かし、防除に役立てようとする学問分野です。本グループでは、とくに防除が困難な土壌病原菌とウイルスに取り組んでいます。

植物育種繁殖学グループ

人口・食糧・環境問題の解決に向けた植物の新しい品種を創出するための研究をフィールドから分子レベルまで扱い、幅広く行っています。また、野菜の品種特性の解明と組織培養による有用植物の繁殖技術の開発をしています。

資源植物機能学グループ

野菜や果樹など園芸作物の新たな有用性を見いだし,より広く活用するために,植物工場などの先端的な生産技術の開発や野生資源の栽培や利用方法の開発を行っています。

フードシステム学グループ

生産から食卓までの食の流れとその間の安全管理を学べる「食生産科学副専攻」を担当しています。食の安定供給に貢献できるように、植物の生育を栽培レベル(簗瀬)~分子レベル(山口)で研究しています。

教育研究フィールドグループ

教育研究フィールドグループ

青果物の収穫後の代謝特性と代謝調節のメカニズムを解析し、青果物の高品質保持の確立を研究しています(今堀)。農薬や肥料の多投入に依存しない持続的な水稲の安定多収生産技術について探求しています(大江)。

生理活性物質化学グループ

photo

教授
秋山 康紀

担当科目
有機化学II、天然物化学、生理活性物質化学特論

専門分野
天然物化学

学生へのひとこと
菌根共生シグナルであるストリゴラクトンとキトオリゴ糖について研究しています

photo

准教授
甲斐 建次

担当科目
有機構造解析学、生物有機化学実験

専門分野
天然物化学

学生へのひとこと
The longest journey begins with a single step.

生体高分子機能学グループ

photo

教授
乾 隆

担当科目
基礎生化学、構造生物学、生体高分子機能学特論

専門分野
物理系薬学、蛋白質科学

学生へのひとこと
薬物輸送や創薬、あるいは寄生性原虫による感染症やアレルギーに関する研究に興味があれば、当研究室へ。

photo

准教授
石橋 宰

担当科目
生命無機化学、生物物理化学実験、バイオインフォマティクス特論

専門分野
細胞分子生物学、分子病態学

学生へのひとこと
RNAの機能は単にタンパク質の設計図に留まりません。RNAの可能性を追求してみませんか?

photo

助教
西村 重徳

担当科目
酵素化学、生物物理化学実験

専門分野
生物物理化学、構造生物学

学生へのひとこと
蛋白質や核酸などの形をあきらかにして、その改変や利用をめざしています。

食品素材化学グループ

 

教授
渡邉義之

担当科目
食品化学、食品製造学、食品素材化学特論

専門分野
食品工学

学生へのひとこと
“自分らしさ”を追求し涵養して欲しいと思います。生命科学の学修や研究は、きっと皆さんの味方になるでしょう。

photo

准教授
赤川 貢

担当科目
生物環境化学、生体成分実験、食品素材化学特論

専門分野
食品化学、食品機能化学

学生へのひとこと
食品素材に含まれる機能性成分を探索し、その有効性を培養細胞・実験動物で評価するとともに、作用機構を解明する研究を行っています。

生命分子合成学グループ

photo

教授
谷森 紳治

担当科目
生体分子合成学、生物制御化学、生物有機化学

専門分野
生物有機化学、有機合成化学、複素環化学

学生へのひとこと
有機化学関連科目は、生命科学諸分野の基礎となりますので、しっかり勉強してください。

photo

准教授
園田 素啓

担当科目
化学B、有機化学Ⅰ、生物有機化学実験

専門分野
有機合成化学、構造有機化学、ヘテロ元素化学

学生へのひとこと
いろいろなことに興味を持って、 幅広い知識を蓄えるように心掛けてください。

発酵制御化学グループ

photo

教授
片岡 道彦

担当科目
微生物学Ⅱ、発酵生理学、発酵制御化学特論

専門分野
応用微生物学、応用酵素学

学生へのひとこと
微生物の持つ優れた機能を産業や暮らしに活用する研究を行っています。

photo

准教授
岸田 正夫

担当科目
微生物学特論、発酵制御化学特論

専門分野
応用微生物学、発酵生理学(特に酵母に関する研究)

学生へのひとこと
発酵は微生物などを生体作用を通じて物質変換することなので有用物質生産など興味を持って研究を進めています。皆さんも興味を持って学習や研究に邁進してくれることを期待します。

photo

助教
三浦 夏子

担当科目
微生物学実験

専門分野
応用微生物学、分子生物学

学生へのひとこと
自然に学び、微生物に学び、皆さんの人生にも何か糧になるものを得るお手伝いができればと思っています。

生物資源循環工学グループ

photo

教授
阪本 龍司

担当科目
応用酵素学、糖質科学

専門分野
応用微生物学

学生へのひとこと
学生時代は人生における休息と言われています。自分の将来に向けて、じっくりと英気を養って下さい。

photo

准教授
上田 光宏

担当科目
生物資源利用学,生物資源循環工学特論

専門分野
生物資源科学,酵素利用学

学生へのひとこと
学生生活,何事にも悔いのないように頑張って下さい.

photo

講師
中澤 昌美

担当科目
生体成分学実験(分子生物学のパート)

専門分野
生化学、環境化学

学生へのひとこと
ユーグレナの代謝解明という基礎研究が、ユーグレナバイオ燃料実用化への基盤になると信じて日々研究しています。

食品代謝栄養学グループ

photo

教授
山地 亮一

担当科目
栄養生化学、分子細胞生物学

専門分野
栄養生化学、分子栄養学

学生へのひとこと
10年先の自分を想像して、今何をすべきか良く考えて行動してください。

photo

准教授
原田 直樹

担当科目
代謝生化学、食品代謝栄養学特論

専門分野
栄養生化学

学生へのひとこと
代謝疾患(肥満・糖尿病)の予防を目的として、食事や男性ホルモンの作用に関する研究を行っています。

微生物機能開発学グループ

photo

教授
川口 剛司

担当科目
分子遺伝学,応用微生物学,微生物機能開発学特論

専門分野
応用微生物学

学生へのひとこと
大学は高等教育の場です。何が最優先なのか忘れないでください。

photo

准教授
炭谷 順一

担当科目
機能分子生物学,微生物学実験

専門分野
応用微生物学

学生へのひとこと
生命の進化の過程で淘汰されてきた微生物は精鋭揃いです。彼らの能力を引き出し応用する研究を一緒にしましょう!

photo

准教授
谷 修治

担当科目
微生物学実験、生物環境化学、応用生命科学基礎特論B、微生物機能開発学特論

専門分野
応用微生物学、分子生物学、分子遺伝学

学生へのひとこと
微生物のユニークな生命現象を探索・解明・応用する楽しさを共有しましょう。

生物物理化学グループ

photo

教授
藤枝 伸宇

担当科目
生物物理化学

専門分野
生体機能関連化学、生物電気化学、酵素化学、合成生物学

学生へのひとこと
人事を尽くして天命を待つ Chance favors the prepared mind

photo

助教
日比野 威

担当科目
生物物理化学実験・蛋白質化学

専門分野
酵素化学・(生物)物理化学

学生へのひとこと
酵素反応、特に化学的な反応性や反応機構、反応速度などが酵素のどのような物理的・科学的性質に基づいているかに興味を持って研究しています。酵素反応はミラクルワールドです。

植物分子育種学グループ

photo

教授
小泉 望

担当科目
植物分子生物学、植物分子育種学、植物分子育種学特論

専門分野
植物細胞分子生物学、植物生理学

学生へのひとこと
植物の遺伝子発現制御の仕組みを探るとともに、遺伝子組換え植物の可能性を示すための研究を行っています。

photo

准教授
三柴 啓一郎

担当科目
植物繁殖学、LMO管理学、バイオテクノロジー基礎実験、植物分子育種学特論

専門分野
分子育種学、分子遺伝学、植物生理学

学生へのひとこと
植物の研究を通じて、これまで知られていなかった現象を明らかにする喜びを知って欲しいと思います。

photo

准教授
岩田 雄二

担当科目
植物分子生物学、植物バイオテクノロジー概論

専門分野
分子生物学、細胞生物学、生化学

学生へのひとこと
新しい研究手法も積極的に取り入れ、RNAを介した遺伝子発現制御の分子メカニズムを明らかにし、生命現象の謎を解き明かしたい。

機能ゲノム科学グループ

photo

教授
青木 考

担当科目
基礎生命科学、ゲノム生物学、機能ゲノム科学、資源植物学特論

専門分野
応用ゲノム科学、植物分子生物科学

学生へのひとこと
研究は「これを知りたいけど、どうすればできるのだろう?」ということの連続です。失敗はつきもの、未知に果敢に飛び込もう。

photo

准教授
尾形 善之

担当科目
生物統計学、植物バイオサイエンス情報処理演習、バイオインフォマティクス特論、資源植物学特論

専門分野
バイオインフォマティクス、機能ゲノム科学、マイクロバイオーム

学生へのひとこと
植物や微生物には、まだ機能が知られていない遺伝子が、まだまだたくさんあります。ビッグデータと機械学習を活用して、遺伝子の機能と進化の関係を解き明かしていきましょう。

応用分子生物学グループ

photo

教授
杉本 憲治

担当科目
細胞生化学、細胞分子生物学特論

専門分野
細胞分子生物学

学生へのひとこと
「良く遊び、良く学ぶ」遊び過ぎないように「良く」遊んで、かつ、自分の好きなものを大いに学んで下さい。

photo

准教授
稲田 のりこ

担当科目
植物科学英語、ゲノム生物学、細胞分子生物学特論

専門分野
細胞分子生物学

学生へのひとこと
病害応答を含む植物の環境ストレス応答の機構を、分子・細胞レベルで明らかにし、ストレスに強い植物の作出に応用するための研究を行っています。また、細胞内の温度を可視化する新しい技術を用いて、温度という新しい観点からストレス応答の機構を理解したいと思っています。

photo

助教
深田 尚

担当科目
生化学基礎実験

専門分野
細胞分子生物学

学生へのひとこと
多細胞社会の一員として細胞がどう振る舞うのか、その仕組みを理解して、細胞をうまく操る方法を見つけたいと思っています。

細胞代謝機能学グループ

photo

教授
太田 大策

担当科目
基礎生命科学,植物細胞生物学

専門分野
応用分子生物学

学生へのひとこと
代謝生化学・分子細胞生物学・メタボロミクスを基盤として,新規遺伝子の探索,代謝機能進化から生物進化の理解,シトクロムP450を用いた有用物質生産,食品安全性研究を行っています.

photo

准教授
岡澤 敦司

担当科目
化学 B (隔年),植物生理学,植物化学

専門分野
生物有機化学

学生へのひとこと
分析化学・生化学・分子生物学による代謝解析を軸に,根寄生雑草の防除法や有用物質生産系の確立を目指します.

photo

講師
小川 拓水

担当科目
生化学基礎実験、植物科学基礎実験、植物バイオテクノロジー概論、植物生理学

専門分野
分析化学

学生へのひとこと
自らの頭で考え,手を動かし,生の実験データを見て,発見を楽しみ,コツコツ前に進みましょう.

植物栽培生理学グループ

photo

教授
髙野 順平

担当科目
土壌・植物栄養学 (学域)、産業資源植物栽培学(学域)、植物栽培生理学特論(大学院)

専門分野
植物栄養学、細胞生物学

学生へのひとこと
トランスポーターの制御機構の研究を通して、世界の作物生産に貢献したいと考えています。一緒に研究を楽しみましょう。

photo

講師
松村 篤

担当科目
資源植物学,国際食料流通演習,植物バイオサイエンスフィールド実習A・B

専門分野
作物学、土壌学

学生へのひとこと
現在抱えている食料や環境に関わる問題に対して作物の栽培学視点から解決策を提案できるような研究をやりませんか

植物生体防御学グループ

photo

教授
東條 元昭

担当科目
基礎微生物学,植物病理学,植物保護学,植物生体防御学特論

専門分野
植物病理学,菌学,土壌微生物学

学生へのひとこと
植物に微生物が寄生するようになってから少なくとも3億年。多様なミクロの世界を一緒に探検しませんか?

photo

講師
望月 知史

担当科目
植物保護学,基礎微生物学,植物病理学,植物科学基礎実験,育種・病理学基礎実験,植物生体防御学特論

専門分野
植物病理学,植物ウイルス学

学生へのひとこと
分子生物学的なアプローチにより,植物ウイルスの病原性と進化・適応の機構を理解したいと考えています。

植物育種繁殖学グループ

photo

教授
横井 修司

担当科目
植物育種学(学域)、植物育種繁殖学特論(大学院)

専門分野
植物育種学

学生へのひとこと
活力のある楽しい研究室で未知の疑問を共に考え、新事実を発見する喜びを共有しましょう。

photo

講師
手塚 孝弘

担当科目
一般遺伝学(学域)、植物育種繁殖学特論(大学院)

専門分野
植物育種学

学生へのひとこと
多様な植物遺伝資源を使って研究を行っています。品種改良に貢献できるように一緒にがんばりましょう。

photo

講師
古川 一

担当科目
園芸生産学、植物環境制御学

専門分野
野菜園芸学

学生へのひとこと
研究することの意味をよく考え,効率よく栽培と分析をすることによって,社会でも通用するに能力をつけましょう.

資源植物機能学グループ

photo

准教授
塩崎 修志

担当科目
資源植物学,園芸生産学,植物機能利用学

専門分野
果樹園芸学

学生へのひとこと
高等学校とは違い校の字がない大学。校されることなく,間違ってもいいから自ら進んで学んでください!

photo

講師
和田 光生

担当科目
植物工場科学,植物環境制御学,生物生産工学特論

専門分野
野菜園芸学

学生へのひとこと
園芸学と工学技術の融合で野菜の栽培を科学する研究をしています.施設栽培,養液栽培,植物工場がキーワードです.

フードシステム学グループ

photo

准教授
山口 夕

担当科目
植物発生・形態学、HACCPシステム論

専門分野
植物生理学、分子生物学

学生へのひとこと
自分のペースをつかんで、焦らずコツコツと頑張りましょう。

photo

助教
簗瀬 雅則

担当科目
植物バイオサイエンス概論

専門分野
作物学

学生へのひとこと
植物栽培は水やり10年と言われているように、簡単なようで奥が深い。

教育研究フィールド

photo

教授
今堀 義洋

担当科目
(学域)食品保蔵・添加物論、植物バイオサイエンスフィールド実習A・B (大学院)植物発育生理学特論

専門分野
収穫後生理学、食品保蔵学

学生へのひとこと
収穫後の青果物における代謝の特性を解析し、その代謝調節の機構を探究することで、青果物の新たな高品質保持を目指しています。

photo

准教授
大江 真道

担当科目
食用作物学、植物バイオサイエンスフィールド実習A・B

専門分野
作物学

学生へのひとこと
栽培環境をたくみに利用する植物の不思議に共に触れませんか?