トピックス

一覧を見る

最近の研究成果

一覧を見る

最近のできごと

一覧を見る

令和2年度 卒業式・修了式

令和3年3月24日に、令和2年度 学位授与式が行われました。

学域卒業生

岡野 誠
小林 慶太
園田 啓吾
寺岡 美紅
政田 ありさ
村田 有紀

大学院博士前期課程修了生

内海 亮太郎
勝沼 理沙
北村 瑠璃子
松本 直樹
吉村 柚紀

令和2年度卒論・修論発表会

令和3年2月15-16日、修論発表会(オンライン)が無事終わりました。

当研究グループからは、M2が5名発表しました。


令和3年2月17-18日、卒論発表会(オンライン)が無事終わりました。

当研究グループからは、4回生が6名発表しました。

 

新化学技術研究奨励賞 受賞

三浦夏子助教が、「新化学技術研究奨励賞」(新科学技術推進協会)を受賞しました。

課題7:生体機能を利用した新規生産プロセスの開発、そのための基盤技術と評価技術に関する研究
『G-body形成機構を利用した代謝酵素集合体の構築および利用法の確立』

ノボザイムズ ジャパン バイオテクノロジーフォーラム2020

三浦夏子助教の研究が、「ノボザイムズ ジャパン研究ファンド2020」に採択されました。
研究題目「酵素の可逆的な集合体形成を可能とする新規シグナルペプチドの開発 -微生物生産のさらなる効率化への貢献を目指して」

その研究成果の発表会として、「ノボザイムズ ジャパン バイオテクノロジーフォーラム2020」が2020年11月6日に千葉県で開催されました。

講演の動画が公開されています(公開期間2020年11月16日〜12月25日)。ぜひご覧下さい。
録画視聴申込フォーム

研究内容の紹介:「ミチテイク・プラス」大阪府立大学Webマガジン

令和2年3月26日、三浦助教の研究内容が「ミチテイク・プラス」大阪府立大学Webマガジンで紹介されました。

■世界初の報告「G-body(低酸素下で集合体をつくる酵素の現象)」で ものづくりから創薬まで、新しい道筋をつくる
http://michitake.osakafu-u.ac.jp/2020/03/26/natsuko_miura/

令和元年度 卒業式・修了式

令和2年3月24日に、令和元年度 学位授与式が行われました。

学域卒業生

大島 朋也
大橋 渉
竹村咲乃
中西 由芽
西川 有美
西村 優菜
三村 康隆

大学院博士前期課程修了生

岡田圭以子
高橋 諒
土谷悠真
平山伶奈
本田和希
山本弘太郎

研究応援vol.17に記事が掲載されました

リバネス出版「研究応援」に、三浦夏子助教のインタビュー記事「若手研究者に聞く“未来の海を守るサンゴのプロバイオティクス”」が掲載されました. 研究応援, vol.17, 3 (2020)

hbe006

令和元年度卒論・修論発表会

令和2年2月10・12日、修論発表会が無事終わりました。

当研究グループからは、M2が7名発表しました。


令和2年2月19-20日、卒論発表会が無事終わりました。

当研究グループからは、4回生が7名発表しました。